水が出てきて悩む井戸掘り。

13600328_854434221359218_5009819711793599300_n
NPOのおっちゃんから“雨水が貯まっただけかもしれないから、一旦水を汲み出してみた方が良い”というアドバイスをもらったので、“もしこれで空になれば穴掘り作業を再開しよう”と思い、ポンプを仮置きして水を汲み出してみました(“・∀-)b
作業のため下に降りる途中ではしごごと落下してケガをしたり(;_;)などアクシデント続きでしたが、何とかガチャポンをそれらしい形に据え付けました☆

呼び水を入れて、意気揚々とポンプを動かしてみる。
“水が…出ない”
下にはたっぷり水が貯まっているのに、ポンプはカシャカシャ言うだけで水が上がってきません(+_+)

呼び水がいる、ポンプの中が真空になるようにする、などこれまで調べてきたことを実践するのですが、それでも上手くいきません。
おそらくポンプから延びた管が泥に突っ込んでるからだ…と思いつつ、作業に手こずってる間に仮置きの台自体ががたついてきて危なくなってきたので、この日はあきらめてガチャポンは片づけ、翌日電動ポンプで出直す事にしました(^。^;)

翌日、電動ポンプを作動させてみると、ホースから勢いよく水が噴き出しました!(あまりに勢いが強くて最初はホースが暴れて穴に落下してしまいましたwww)
水はまさに泥水、といった色でしたが、臭くもなく、暑い日なのに冷たく…と、これからの井戸水生活を期待させてくれるものでした(・∀・)

毎分110~160Lの排水能力を持つポンプで1分ほど動かしたところ、水はほぼ空に。
さて、これで水が貯まらなければ穴掘り再開出来る…と思ったのもつかの間、穴の周りの壁から水が流れ出して、みるみる底に貯まりはじめました(^o^;

5、6回ポンプのスイッチを入れてみたのですが、何度やってもわずか5分弱で元通り。
“本当に地下水やった…”と喜びつつ、“これじゃあ水を抜けないから掘り進めない…”と、再び悩むことになりました(´д`)

NPOのおっちゃんに再び相談してみると“このまま完成させてもいいけど、梅雨で一時的に地下水位が高いだろうから、梅雨が終われば枯れてしまうだろう”との事。
“逆に言えば冬まで待たなくても夏になれば地下水位は下がるのでは”“夏に地下水位が下がれば6m(大きな穴5m+再び水が出たらそこから穴掘り器1m)は掘れるのでは”と考えたので、夏に穴の中の水が枯れるまでしばらく井戸掘りをお休みする事にしました(*・ω・)ノ

“8月に入っても枯れなければ、盆休みに完成させてしまう”と決め、今は塩ビ管を入れてそれ以外を埋め戻す作業の準備に取りかかっています。
あと電動ポンプが思いの外良かったので、湯船直結の電動ポンプ井戸を計画し始めています(^_^)
13626517_854434244692549_5926684292665228321_n

13620770_854434274692546_2446900809268633801_n

13615367_854434204692553_1531070334269284101_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください