風呂関係の大幅リニューアル。


先日宿泊された大学時代の先輩からのアドバイスを元に、お盆休みの最後の二日間は風呂場のミニコンテナを大改造していました(・∀・)

【作業内容】
・ミニビニールハウスの骨組みを上に延長してミニコンテナの天井高さを2m以上に
・ミニコンテナ内を広く使うため風呂釜を屋外へ、ミニコンテナの壁に穴をあけて配管を通すようにする
・風呂釜の高さの関係でかなり高いところに置いていた浴槽の高さを下げる
・見栄えを良くするため屋根にトタンの代わりに厚手のビニールをかぶせる
・太陽光である程度水を温めておけるように赤こんてな屋上に井戸とつながった貯水タンク(元・雨水風呂用タンク笑)を設置
・貯水タンクから流れてくる水のシャワーをミニコンテナに設置

ミニコンテナに穴をあけるために今回もホールソーを使用したのですが、度重なるコンテナの穴あけによりホールソーの刃がちびてしまっていたこともあり、コンテナより薄いはずのミニコンテナの穴あけはかなり苦戦しました。
あまりに手こずってイヤになってきたので(笑)、最後にはディスクグラインダーを3000円程で購入して、ゴーグルをつけて火花を飛び散らせながら壁を切るように穴をあけました(^o^;

これにより“スイッチ一つで浴槽に温められた水が流れ込み”“ゆったり脱衣し”“窮屈さを感じることなく入浴でき”“風呂釜の煙突に触れてやけどする恐れもなく”“シャワーも浴びられる”ようになりました(” ・∀-)b
風呂釜がいらないほど水を温めることが出来れば即入浴が出来るようにはなるのですが、現状では良い案が浮かばないので、まだまだ薪やオガライト、モミガライトのお世話になりながら90分ほどで湯を沸かします(^_^;

コンテナ屋上の整理とパネル冷却。

8月に入り仕事は繁忙期に入っています(^_^;
それに対して白こんてなの宿泊体験は、告知動画がオープンに間に合わなかった(まだ出来てません)事もあり予約はゼロです(笑)

そんな中、盆休みに大学時代の先輩方が宿泊にお見えになることになり、これに備えて今日は大規模な作業をしていました。

【今日の作業】
・赤こんてなの屋上のソーラーパネルのうちメインの800Wを白こんてなの屋上へ移動
・白こんてなの屋上にソーラーパネルを冷やす散水ホースを設置(下で蛇口をひねるだけでOK)
・将来のさらなる発電能力向上や屋上水タン クの設置に備え、赤こんてなの屋上を整理
・赤こんてなにつけている日除けの位置を断熱材の厚みが薄い東側に変更

今回の作業では“ソーラーパネルの移動”という大規模な作業があったため、井戸掘りの際に転落防止に使っていた足場板を赤こんてなから白こんてなに渡し、橋代わりにしました。
ここを渡るのには覚悟がいりましたが、この橋のおかげでコンテナから降りずにパネルの移動が出来たため、作業は非常にはかどりました(^-^)

今回の作業によって、これまで散らかってたコンテナの屋上がだいぶ片づき、また非効率だったソーラーパネルの配置も改善され、全てのパネルが日陰なしの南向きになりました☆
また散水ホース(水道水だとカルキなどによりソーラーパネルに悪影響がでるとの事。ここの井戸水は水質検査によりミネラルなどほとんど何も含まれていない水との事なのでOKと考えています)の設置でパネルの温度を下げ、夏の発電能力の低下の緩和も狙っています(” ・∀-)b

これでパネルを増やさずに実発電量の向上を図り、来客時に停電になる可能性を下げる段取りが整いました。
屋上がすっきりして2年前の姿に近づいた赤こんてなについては、近々“太陽熱で温める風呂水タンク”の設置を考えています(・∀・)