明けましておめでとうございます。


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

…さて、ただ今、紅白こんてな共に停電&断水中です(笑)
年明けに水位低下で井戸水が汲み上げられなくなり、また夜通しPS4(笑)&ファンヒーター&悪天候でバッテリーもあがってしまいました(T_T)

井戸については昨年通りだと1月中には復活の見込みですが、その間水が使えないのは不便なので、飲用不可ながら以下の対策をとりました。

・昨夏赤こんてな屋上に設置した風呂用貯水タンクから白こんてなの洗面台にホースを延ばし、ノズルを握ると高低差で水が出るようにする。
・白こんてなのトイレを赤こんてなと同じ貯水タンク付きの水洗式に
・赤こんてなには井戸完成前に使っていた水タンクを洗面台に蛇口代わりに設置

この作業により井戸が復活するまで風呂は使えなくなったものの、風呂用に井戸から汲み上げて貯めていたタンクの300Lの水を手洗い用程度なら使えるようになりました。
元々は井戸水とは言え、タンクの水は保管期間が長いのでとりあえず“飲用不可”“手洗い用”にしています。

そして電気ですが、コンテナ生活丸3年が近づく中、そろそろバッテリーの劣化についても考えなくてはいけなくなってきました。
私の使っているディープサイクルバッテリーはカタログ上だと300~500回程なので、きっちり毎日充放電を繰り返している現状だと2015~2016年に買った分(一番長いものだとまもなく1000日)はとっくにカタログ上での寿命に到達していることになります。

対策としては、
1・バッテリーを同じものに買い換え
2・リチウムイオンバッテリーへの交換
3・より耐久性があり、寿命が長いバッテリーへの交換
4・今使ってるバッテリーの延命

1は他の手段と比べるまだ費用が少なめなものの、数年後にまた交換に悩むことになります。2は鉛バッテリーより高性能なリチウムイオンバッテリーに憧れるものの、DIYレベルでソーラーパネルからリチウムイオンバッテリーへ安全に充電する方法がまだ確立されていないので安全面から×、3は1と2の間の性能と費用ですが、1と比べると1.5倍の価格差なので費用対効果を考えるとあまり気が進まない…
そこで、4・“1台だけ今と同じバッテリーを購入し、捻出したバッテリーを1台ずつ充電器でリフレッシュして延命&余ったバッテリー1台は満充電状態で緊急時用に保管”という方法を取ることにしました(*・∀-)b。
これで出来るだけ延命を図り、その間にリチウムイオンバッテリーの普及が進めば…などと期待しています(笑)

水関連の作業はほぼ終わり、後はトイレの到着待ちですが、電気関連については正月休み明けにちまちま作業するつもりです。
“アスパラガスの栽培続行”や“コンテナ本体、電気、水、その他設備の修繕”など、2017年と比べて2018年は“完成から維持”というのがキーワードになってくる気がしています(^_^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください