白こんてなプチリニューアル2019。

祖母宅→IKEA→帰省→コンテナへと戻ってきました(^_^)
大阪も明石も暑くて車も部屋もエアコンがんがんかけつつ“明日コンテナに戻ったら涼しいから”とか思ってたら…実際戻ったらコンテナも暑くなっててげんなりしてました(笑)

たださすが田舎、夜は涼しくて一気に快適になり、作業が出来る環境になりました。
ここぞとばかりにIKEAの戦利品(?)を白こんてなに設置し、あわせて細かな作業してました☆

【今回の作業】
・IKEAで買ったスプリングマットレスのアウトレット品を白こんてなベッド下段に設置
・これにより捻出された、布団下に敷いてたユニット畳を白こんてなのカーペット下に敷く
・IKEAで買った折り畳みテーブルを設置
・これらの作業で余った物資は赤こんてなに(白こんてなの方がいろいろ良いモノ使ってるので、赤こんてなにお下がり回して生活水準アップ笑)

IKEAで一目惚れしてしまった折り畳みテーブルがあるのですが、それを買うと今のメインテーブルが余ってしまいもったいないので、今回は付け足しのようなテーブルを買いました♪
折り畳みテーブルはフレキシブルに使えるようメインテーブルと磁石でつなげており、邪魔な時ははずしておけるようにしてます(*・∀-)b

スプリングマットレスは初めてでしたが、なかなか快適で、来客にも喜んでもらえるかなと期待しています。
評判が良ければ上段への設置も考えます(^o^)

作業が落ち着いたところで友人からのLINE。
思いつきで明日は夕方からBBQする事になりました(笑)

「峠の釜めし」容器でご飯を炊いてみた。


“もっとご飯を頻繁に食べたい”
“とは言えご飯関連の洗い物は増やしたくない”
“とは言え火でご飯を炊きたい、炊飯器は使いたくない(味と電気の都合・笑)”
“とは言えコストはかけられない”

ここ数日、そんなワガママな欲求を抱えて暮らしていた私(笑)
この欲求…なんと、ばあちゃん家に窓用換気扇を取り付けに行った帰りに寄ったスーパー○バホームにて叶いました!(*・∀-)b

【用意した道具】
・固形燃料用コンロ
・釜は駅弁“峠の釜めし”の容器
・固形燃料

【作り方】
峠の釜めしの容器に米1合と水225mlとスプーン一杯のオリーブオイル(こびりつき防止)を入れて30~60分水を吸わせる
→固形燃料に火をつけて鎮火するまで放置(ふたはほんの少し開けておく)
→ふたを閉じて15分蒸らして完成!

釜めしの容器でそのままご飯を食べるので、作るのも洗い物も楽にご飯を炊くことができました☆
一方で味の方は…上の方はいつもの土鍋と同じようにふっくら炊けたのですが、底は結構焦がしてしまいました(T_T)

カセットコンロで炊くときは沸騰したら弱火にするのですが、固形燃料だと火の調整が出来ないので火が強すぎるのかな…と原因を推測しています。
○インズで比較用に買った安くて量が少ない固形燃料(25g・12個248円)を使ったり、途中で少しかきまぜてみたりなど、来客に出すまでにもう少し試行錯誤しようと思います(^_^)

今日は買ってきた灯油をストーブに入れて、赤こんてなでもストーブ解禁しました(白こんてなは先日ファンヒーターつけました)。
トマト農家のおっちゃんと“寒くなった”と話をしていましたが、コンテナ暮らし四度目の冬に向けて、より生活水準の高い冬の暮らしを目指していきたいと思います(^o^)

第2回バーベキュー。

先日、前の職場の先輩と後輩がコンテナに遊びに来てくれました(^o^)
先輩は初コンテナでしたが“想像以上にしっかりしててびっくりした”“やってみたい”との評価をいただけました(笑)

二人ともバイク、釣り、船、キャンプ、DIY、魚突きなど幅広く趣味を持っているので、情報交換みたいなトークで夜中まで、そして今日は夕方まで盛り上がりました。
また鉄道ネタはマニアとは違う目線からのいろんな話を聞けたのでその面でも収穫だらけの飲み会でした(*・∀-)b

昨晩はトマト農家のおっちゃんにもらったネギを使った鴨鍋、今日は白こんてなの扉を開いて第2回バーベキューを開催していました☆
途中でトマト農家のおっちゃんご夫妻(最近やっと本当の名字が分かりました笑)がすぐそばで畑作業され始めたので、いろいろお話を伺ってました(その時さらにネギをもらってしまいました笑)。

二人を近くの観光地に案内する途中、トマト農家のおっちゃんから教わった“地下水位を知るための池”に寄りました。
井戸を巨大化したような池で、農業用水に使われてるそうです。

そこでは…“井戸枯れたって聞いたから池見に行ったら、びっくりする程水がなかった”とのお話の通り、水ははるか下の方に少し出てきている程度でした(゚o゚;
画像では距離感がわかりにくいですが、水中に向かってまっすぐ延びている鉄管の錆びている部分で地下3m程になります。

トマト農家のおっちゃんによると“今はかなり低いけど、経験上じきに上がってくるから大丈夫”とのことでした。
次また遊びに来てもらったときには復活した井戸をご紹介できることを信じつつ、駅で二人を見送りました(^_^)

バーベキューしました。


今日は昨晩泊まりに来た友人たちとバーベキューをしてました(*・∀-)b
昨晩は白こんてなでシシャモやウインナーを焼きながら夜明けまで飲み、朝はゆっくり寝坊して昼頃からバーベキューの準備にとりかかりました。

火おこしや炭の扱いなどはアウトドアに慣れている後輩に任せて、私は白こんてなやテーブル、いすなどのセッティングに勤しんでいました。 

“これは…!旨い!”

風が強かったので少し難儀した作業もありましたが、全体的にはスムーズに美味しい肉にありつけました(・∀・)

後片付け後は残った炭で風呂を沸かして交代で入浴し、トマト農家のおっちゃんにもらった柿を食べながら白こんてなでごろごろしていました(柿と一緒にもらったサツマイモは芋ご飯にしました)。
“動かないキャンピングカー(笑)”ながらこれだけ楽しめたバーベキューは、これからも機会があればちょくちょくやりたいと思います(^_^)

ファンヒーター登場。


ついにコンテナに…石油ファンヒーターが導入されました(・∀・)
リサイクルショップでこれを見つけたとき少し手持ちが足りなかったのですが、割引してもらい購入する事が出来ました(笑)

ここのリサイクルショップの保証は1週間までなので、早速試運転。

“暖かい…………!!”
“こんなに暖かいとは………!!”

これまで“消費電力の問題”&“換気の問題”で使いたくても使えなかったファンヒーターですが、“初期の10倍の発電量・蓄電量”&“換気扇の設置”によって、夢のファンヒーターを実現しました(笑)
ファンヒーターは来客時以外は赤こんてなで、来客時は白こんてなでフル稼働の予定です☆

また、友人たちとバーベキューをする予定なので、昨日と今日の出勤前にバーベキューの準備もしてました(*・∀-)b

・バーベキューコンロや炭の購入
・以前風呂で使っていた火おこしの道具を引っ張り出す
・バーベキューセットを入れておく&バーベキュー時にテーブルにする箱を引っ張り出す
・折りたたみイスをリサイクルショップで購入

カセットガスコンロなど、コンテナにあるものを使えばバーベキューは今でも出来るのですが、それじゃ味気ないのでバーベキューコンロと炭と折りたたみイスは新たに購入しました。
白こんてなははじめから横の扉を開けて室内と直結できるように考慮してあり、今回はそれを初めて活用します(^o^)

今回の来客は風呂も希望なので、明日の夜はお風呂を沸かして待機します。
彼らは昨夏に仮オープンしていた“砂まじりの井戸水風呂”に自分で火を沸かして入浴した猛者なので、風呂の変貌ぶりには驚くと思います(笑)

コンテナ暮らしを体験していただくために。


2年ぶりに、中部地方へ出かけてきました☆
行き先は…赤こんてなでお世話になったコンテナ屋さん(笑)

事務所にいらっしゃった方は2年前と同じで、私のことも覚えていてくださいました(^o^)
コンテナは今もトラブルなく使えていますとお礼を伝えた後、打ち合わせしてきました。

“あの、赤っぽい独特な色でしたね!”
そこまで覚えられてると逆に恥ずかしくなってきました(笑)

打ち合わせに先だってコンテナ置き場も見学してきました(・∀・)
コンテナも世代交代が進んでいるようで、まだ歴史が浅く今JR貨物が売り込んでるサイズである31ftコンテナ(大型トラックの荷台サイズ)が早くも大量に売りに出ていました。

中にはたった10個しか作られなかったという24A形15ftコンテナもあり、これには購入意欲がそそられました(笑)が、これらのコンテナはいずれも断熱材なしのコンテナなので、見るだけにしておきました(^o^;
電子機器や食品など熱がダメな輸送物は多い気がするのですが、今も新型コンテナの大半は断熱材なしで鉄板むき出しまたはベニヤ内張りのものばかりで、JRのコンテナのラインナップはちょっと不思議に思ったりもします。

さて、ここで題名に合わせた本題に入ります。
これまでコンテナでのオフグリッド生活を経験しながら学んできた私ですが、そろそろこれまで学んできたことをアウトプットすべくオフグリッド生活やDIYに興味のある方にコンテナ生活を体験・見学していただく施設を用意したいと考えております。
今回のコンテナ屋さん訪問はそれを目的としたものです。

具体的には体験用コンテナ(2段ベッド・井戸水道・トイレ・冷蔵庫・換気扇などを整備する予定です)を用意し、事前に予約いただいた方にソーラーパネルや風力発電で作った電気を使ってコンテナに1泊宿泊していただいたり、モミガライトで沸かした井戸水風呂を体験していただいたりということを考えています。
コンテナの性質上民泊という形は取れませんが、この取り組みを細く長く続けるためにも、活動資金を「寄付」していただいた方にコンテナの宿泊体験をしていただくという流れを予定しております。

体験用コンテナが用意出来次第、詳細のご案内をさせていただきたいと思います。
どうぞ宜しくお願いいたします。

浴室、大リニューアル!


先日友人に風呂について「狭い」「清潔感を感じない」などとツッコまれた(笑)ので、先日ミニコンテナを思いきって大リニューアルしました!(・∀・)

作業内容
・浴槽の交換(ネットで新品を格安で購入)
・天井の骨組みの溶接を切断
・その上に農業用の支柱を組んでトタンをかぶせる
・床に敷物

今回の作業のハイライトはノコギリでの天井の骨組みの溶接の切断。
これが出来ないと天井を高くできないので無事できるか心配していましたが、意外と簡単に切り離すことができました!(” ・∀-)b

2年前に友人たちと3人で組み立てたこのミニコンテナは天井高さが150cm(画像の金属の壁の部分)しかなく不便でしたが、今回の作業で高さ180cmほどになり、中で背筋を伸ばせるようになりました!(^o^)
浴槽は少し小さくなった(幅は大きくなった)ことで水の量・燃料の量を節約できるようになり、4本のモミガライトでも以前より短時間(2時間弱)で熱々の湯を沸かせるようになりました☆

まだ仮止め部分が多く、強度的に不安なところもあるので、残りは後日とりかかろうと思います。
普段の使用には問題ないので、完成以来すでに毎日湯船で晩酌してます(笑) 

バイオ燃料“モミガライト”。

 
昼風呂なうです(” ・∀-)b
廃品回収屋さんが入浴中に来てしまったので、露天風呂モード(ミニコンテナの屋根を外した状態)にしてた屋根から顔だけ出して話してました(^o^;

最近よく話すようになった廃品回収屋さん
“もはや博士って感じッスね!”
もはや街のマッドサイエンティストです(笑)

井戸が完成して1ヶ月。風呂の配管も安定し、いつでも風呂に入れるようにはなったのですが…水の次は燃料の問題が出てきました。
雨水風呂や井戸仮オープンの時は、いつでも風呂に入れる訳ではなかったのでその都度薪を買っていましたが、ほぼ毎日入るとなると燃料の備蓄&安定供給が必要になってきます。

“煙やにおいが少なく、水をしっかり暖かくでき、備蓄に便利で、定期的に入手可能で、かつコストが小さい”
そんな燃料を調べたとき、欲しくなったのが“モミガライト”でした。

モミガライトは米のもみがらを圧縮して固めた固形燃料で、薬剤等を使わずに圧縮して固めただけのものなので環境にやさしいと言われています。
固形燃料のため薪より熱量の発生が多く、煙が少なく、備蓄に便利で、また燃料として使っても籾殻を燃やしたのと同じ事なので二酸化炭素の総量を増やさないなど、いろいろメリットがあるようです(^_^)

しかしモミガライトはまだまだ普及しておらず、この近辺で入手できるところが見つかっていないので、現状ではネット購入しか入手方法はありません。
とりあえず現在はコメリやナフコで手に入った、おがくずを固めた“オガライト”(画像はオガライトに着火してるところ)を使用していますが、今後の分としてヤフオクでモミガライトを落札したので、到着次第試してみたいと思います(” ・∀-)b

トイレの個室化、完了!

15259619_940170379452268_7890187625531766870_o
先日、友人たちがコンテナに遊びに来てくれました(“・∀-)b
その際にコンテナ内の居住性についてまたいくつか課題を感じました。

そろそろ何とかしないとなぁ…と思ったのは、トイレw
トイレは棚とカーテンで区切ってはあるものの、同じ空間にあるため心理的に使いづらく、音もにおいも伝わってしまいます(^o^;
離れのミニコンテナにもトイレはありますが、現在井戸掘りのため使用できません。

何かいい方法はないかなぁ…とネットをうろちょろしていると、ヤフオクで偶然“これは!”というものが見つかりました!
すぐにこれを購入して昨晩作業していました。

見つけたのは“災害時用の組立式トイレ”
壁&ドア&屋根付きトイレが出来たことで部屋ににおいがしにくくなり、完全な個室になることで心理的にもトイレを使ってもらいやすくなりました(^o^)
さらに安心して使っていただけるように…音姫もつけてますw

ただ、今回トイレ個室を設置したことで棚を置く床面積が縮小したため、家具の大幅な位置変更が必要になりました。
スペースの都合上一部実家へ持ち帰る物が出てきましたが、一応棚の数自体は変わらないようにしました(^_^)

トイレを個室化したことで、とりあえず室内については初期の計画が一通り実現しました(・∀・)
今年の残りは現在5.3mの井戸を6.5mにして完成させ、そのあとの庭づくり、風呂場づくりを楽しみにしています。
15284149_940170366118936_9005525288565877578_n

15178944_940170392785600_1178892904730697544_n

夏のコンテナの強い味方 “ゴークール(Go Cool)”。

13226761_828786367257337_2564892542665281223_n
(私にとっては)ものすごい出費となりましたが…

必要経費と考えて…

ついに買いました!
水冷式クーラー、ゴークール!( °∀°)=з

これは気化熱で部屋を冷やす冷風扇とは異なり、本体の中に入れた氷水を冷媒としてエアコンのように冷たい空気を排出するというアメリカ製のクーラーです。
部屋を冷やすには水と氷または保冷剤(板氷の方が長時間15℃程度の冷風を出せるらしい)が必要になりますが、エアコンのような排気設備は不要で、また冷風扇と違って本当に冷たくて乾燥した冷風を出してくれるので、私にとっては理想的な道具です(“・∀-)b

最近冷蔵庫を冷凍庫付きにした(保冷剤を繰り返し凍らせるため)のも、電気設備を大幅に増強したのも、全てはこのゴークールのためでした☆
しかもゴークールの消費電力は20Wと、扇風機にちょっと毛が生えた程度。冷やせる範囲は2.5m四方だけですが、(お手洗い部分を除いた)コンテナのサイズ自体ほぼこのサイズなので問題になりません!

外出から帰ってくると、窓を閉め切っていたこともあって気温が30℃になっていたため、早速ゴークールをセッティングして使い始めました(OvO)
板氷は未購入で保冷剤しか入れず、水もケチって1.5Lほどしか入れませんでしたが…車のクーラーっぽい冷たい風が出てきて、気温は21℃ほどにまで下がりました!

この消費電力であれば常に使えるので、今後は来客があった際には板氷で冷やし、普段は冷凍庫で凍らせた保冷剤を使おうと思います☆
昨夏は室内で干上がっていた私ですが、今年は夏でも来客を迎えられる空間を目指したいと思います(・∀・)
13232890_828786423923998_6103069296529576711_n

13220844_828786467257327_6490628932644897168_n

13239354_828786527257321_5954521032967073262_n