電気設備、復旧。


インバーター、宅急便が遅かったり違うものが届いたり(買ったのより上位タイプが届きました)交換の宅急便を待ったりとすったもんだありましたが、本日やっと完全復旧しました(^o^;
チャージコントローラーやインバーターの維持の大切さを痛感した数日間でした。

インバーターは少し置き場所を高くして、そして防水用としてカバーをかぶせています。
カバーがプラスチックなのはちょっとコワいですが…(^_^;

一方で底はメタルラックに直接置くことで、下からミニ扇風機で風を浴びせたり出来るようにしています。
周りにも雨水の吹き込み防止の壁をつけるなど、とにかく“水がかからない”ということに重点を置いています。

この数日間冷蔵庫が使えなかったため、冷蔵庫の中に保管してた鍋の残りはすでに腐っていました…
そこで、トマト農家のおっちゃんにもらったトマトに醤油とごま油とニンニクで作ったタレをかけて昨晩の夕飯としました(^o^)

重大インシデント。


仕事から帰ると、コンテナからいつもと違う雰囲気を感じました。

“あれっ、センサーライトが反応してない”

いつも帰宅時にお出迎えしてくれるセンサーライトが光らないので、センサーライトの故障かな…と思いながら赤こんてなに入ると、赤こんてなの電気関係がすべて使えない。
この時点でコンテナにただならぬトラブルが起きていると理解しました(^_^;

白こんてなの電気関係も全滅だったので室内の電気を統括するインバーターを見てみると、普通に正常を示すランプがついている。
しかしスイッチは入るもののそこにささっているコンセントには電気が流れていない模様。

念のためバッテリーやチャージコントローラーを点検するものの、特に異常はなし。
強いて言えば、いつも夜間は半分程度になってるはずのバッテリー残量が7割以上残っていたので“出勤後電気が使われていない…?”という疑いが出てきました。

こうなるとやはり怪しいのはインバーター。
すべての線を抜いた後、思い切ってネジを外して内部を見てみました。

“焦げ臭い…”
“…ていうか、焦げてる!!”

インバーターの底の端の部分が、黒く焦げていました。
金属製のカバーの底面がはっきり湿っていたので、水がかかったことによるショートが原因なのは明らかでした。

おそらくショートを遮断する安全機能が働いたためこれで済んだのですが、もし“機能が働かなかったら”“カバーが金属製でなかったら”“置き場所がメタルラックでなかったら”、本当に火災になってもおかしくない重大インシデントでした。
しかし、水については、“雨が網戸から吹き込んできた”のか“洗面台の水がどこかからこぼれた”のか“雨水が外の配管から伝ってきた”のか“何かの拍子に水をこぼしていた”のか、はっきりと原因を突き止めることは出来ませんでした。

とりあえず緊急用(普段はゲーム用・笑)のリチウムイオンバッテリー(インバーター内蔵)に切り替え、照明だけ回復しました。
そして二度と同じトラブルを起こさないよう、“少し高い位置に移転(雨水防止)”“かぶせるタイプの防水カバーを用意(水かかり防止)”“玄関側に仕切りを設置(雨の吹き込み防止)”という対策をとりました。

夏になると特に熱をもつ装置なので、これまで少しでも熱が逃げるようドア付近・床付近に置くようにしていましたが、それが裏目に出たかたちになりました。
しかし熱を持ちすぎると今度はそれが理由で発火する可能性があるので、今回も置き場所については大きく変えていません。

最近毎月のように“自業自得でトラブル発生”が続いているので、またもや予想外の大出費にショックでほとんど寝られないまま朝を迎えました(T_T)
ただ“火事にならなかっただけ不幸中の幸い”“チャージコントローラーが壊れたのでなくて良かった”と強く思いながら火曜にインバーターが届くのを待ちます。

直流24Vへの昇圧。


以前YouTubeにアップした動画のコメントに“24Vにはしないの?”的な事が書かれているのを見つけて以来“いつかはやろう…”と考えていたシステム電圧の昇圧を、今晩ついに実行しました!
これにより12V専用の機械は交換が必要になるため金銭的に負担が大きくなかなか取りかかれないプロジェクトでしたが、この度ある程度信用できそうなインバーターを安価で購入することが出来、これが実行の決め手になりました(・∀・)

【24Vにするメリット】
・電圧が高いと電圧が下がりにくくなり、損失が少ない
・同じ使用電力なら電圧が2倍になれば電流が半分になるため、必要とされる銅線の太さが半分になる
・MPPTのチャージコントローラーは電流を基準にしているため、電圧を2倍にすれば発電能力も2倍まで対応出来る(現状12V・60A・800Wまで→今後24V・60A・1600Wまでに)
・直流12Vから交流100Vに変化させるインバーターより直流24Vから交流100Vに変化させるインバーターの方が効率が良い

【デメリット(赤こんてな限定の内容も)】
・電圧が上がるのでショートさせると危険。感電の危険性も上がる
・今持ってる風力発電が12V専用なので、24Vにすると使えなくなる
・初期のソーラーパネルも12V専用なので、24Vにすると使えなくなる
・チャージコントローラーは電圧が選べるものを持っていたので問題なかったものの、インバーターは24V対応のものに買い替えないといけない(しかも安くて信用しているこれまで使用していた中国製のインバーターの24V版がなかった)

メリットは大きいもののデメリットも無視できない内容ばかりだったので、これについては半年近く対応に悩みました。
結局、
“風力発電と初期のソーラーパネルは専用の別系統を作り12Vで稼働させる”
“インバーターはこれまで使っていたものと同じ工場で作られたと思われるのを購入する”
“これまでのインバーターはネットで売却する”
ことに決め、風力発電は買い替えずにインバーターの交換だけで24V化することになりました。

バッテリーもソーラーパネルも2台一組につなぎ直し、24Vに対応出来ない風力発電や初期のソーラーパネルを別系統につなぎ直す…など、今回は事前の準備が結構必要でした。
ソーラーパネルは8月に、別系統のセッティングは先週済ませていたので、今晩はその総仕上げにあたる作業でした。

これまでのインバーターの電源を落とし(リチウムイオンバッテリーがあるので赤こんてなの照明は消えません)、バッテリーの線を一旦全て外し、インバーターを交換し、慎重にバッテリーの線を一部直列につなぎ直し、最後に新しいインバーターの電源を入れて昇圧作業は完了しました(” ・∀-)b
チャージコントローラーの画面には電圧25.5Vと表示され、インバーターのスイッチを入れると冷蔵庫も再び動きだしたので一安心しました。

これで電気のロスが減り、電圧がより安定し、発電能力についても頭打ちになっていた現状からいきなり2倍まで増設出来るようになっています☆
早速発電能力の増強…といきたいところですが、それは置いといてまずは風力発電と初期のソーラーパネルとがつながれた12Vのバッテリーの使い道を考えてみたいと思います(^_^)

室内外リニューアル。

13010704_811934795609161_2754325834754139429_n

室内外リニューアル、ひとまず完了しました☆
・使える電気が1.5倍の1500Wに
・3~5、7~10月の晴れた日は1日3kWhまで、それ以外の月と悪天候時は1日1kWhまで電気使用OK
・電気に余裕ができたのでIHコンロ導入
・塾に以前いた先生が置いていかれた冷凍室付き冷蔵庫と今の冷蔵庫を交換
・冷風機を手作り
・玄関のラティスを強化

電気面、コンテナの構造面でいろいろ考えましたが、エアコンはどうあってもかなり大がかりな手間と費用がかかるため早々に断念しました(´・_・`)
前々から探しているアメリカ製の水冷式クーラーもなかなか見つからないので、とりあえずこの夏に向けて昨夏ネットで見つけた手作り冷風機を作ることにしました☆

発泡スチロールに穴を開けて、タイマー付きサーキュレーターと冷風吹き出し口を取り付け。
中に強力な保冷剤と水とりぞうさんを入れた状態でサーキュレーターを回すと、吹き出し口から乾いた冷風が出るという仕組みです(*・∀-)b

冷凍室付き冷蔵庫を用意したのは、手作り冷風機に入れるための凍った保冷剤を用意するためです。
とは言え前の冷蔵庫と比べ実に5倍近い消費電力なので、IHコンロと一緒に使った時にはさすがの強力インバーターも苦しそうに排気音を出していました(^o^;

梅雨と冬に冷蔵庫を維持できなくなるのでは…という不安もありますが、発電量の計算に入れていない風車(24時間風速4mなら1日720Whくらい)や予備のソーラーパネル(5時間晴れたら1日570Whくらい)が裏方で活躍してくれる事を願っています。
この前のトラブルを思うと、電気が余って風車が暴走するよりは普段はちょっと足りないくらいの方がいいのかな…?という気もします(^_^)
12998555_811934822275825_2740000591425770578_n

12985605_811934808942493_6127517073380399013_n

13010852_811934775609163_3868650279448575304_n

あわや、倒壊。

DSC_0584

コンテナ暮らしの中で、久々にやらかしてしまいました…(^o^;
今回はちょっとパニックになりました…

一昨日の強風の日。
晴れかつ強風なので、太陽光発電も風力発電も絶好調。バッテリーにはみるみる電気が貯まり、昼過ぎには満充電になってました。

昼寝をしていると、部屋に交流100Vを届けるインバーターのスイッチが入ったり切れたり。
インバーターへ流れる電圧が15.5Vを超えた際の安全装置が働いていました。

本来はインバーターに流れる電圧がそこまでいかないよう、ソーラーパネルからバッテリーに電気を送るチャージコントローラーは、15.0Vを超えると余った電気を熱にして逃がすようにしていたはずでした。
しかし新調した風力発電が次々と電気を送り込んでいるようで、電圧が一時的に15.5Vに達していました。

とりあえず15.5Vを下回ればインバーターは安定するので、いろいろ電化製品をつけて電圧を下げる。
しかしだんだんめんどくさくなってきてしまい、とりあえずインバーターのスイッチを切ることにしました。

…これがすべての間違いでした…

インバーターを止めた途端、作られた電気の逃げ場がなくなり、バッテリーは16Vを超え、さらに逆に電気を逃がすために風車が猛烈に回転し始めました。
しかもここでタイミング悪く突風が吹いて…

…風車が暴走して(揚力が発生したのか)一瞬やぐらごと浮き上がって傾いてしまいました!

“!!!?”

パニックになった私はとにかくできたばっかりの歩道(といっても人通りゼロ)にやぐらが倒れないように全体重をかけて押さえました(゚Д゚;)

“あっ!!新しい風車には緊急停止スイッチがあったんや!”

傾いたやぐらが倒れないか気にしつつ風車の緊急停止スイッチを押した途端、風車は強風の中停止。
その間にやぐらを立て直しインバーターのスイッチを入れたことで、事なきを得ました( ・_・;)

改善策
・インバーターのスイッチは切らない
・インバーターをより大電流に対応したものに、同時にバッテリーからインバーターへの銅線もより大電流対応のものに
・バッテリーの追加
・バッテリーが満充電で強風の時は風車の停止スイッチを押す
・風車のやぐらに重りをつける(結局140kg程用意しました)
・そもそもインバーターの安全装置が働くような電圧にならないように(風車が電圧を上げてくることを見越して)、チャージコントローラーが排熱し始める電圧を14.7Vに下げる
・今回ラティスもひどい目にあったので、玄関を全体的に強化する

井戸掘りは少しお休みして、昨日、今日と必要な道具を手配して作業していました(^o^)
室内も少しリニューアルするので、明日完成すればまとめて報告します☆

電気のお話。

DSC_1309
台風が去り、今日は良い天気になりました☆
久々の晴天ということで、ソーラーパネルはここぞとばかりに電気をバッテリーに送り込んでいました。

最近は昼間も涼しくなったため6台ある扇風機の稼働率も下がり、電気の消費はスマホの充電と照明、冷蔵庫、ノートPCとその周辺機器ぐらいになりました!現状の生活スタイルであれば当分発電設備の増強は不要です(^.^)
電気関係が落ち着いたところで、自身の記録と今後オフグリッド生活を始める計画をお持ちの方への情報提供を兼ねて、この場で電気関連の設備のお話をしたいと思います。

ソーラーパネルはコンテナの屋根上に100W×4、50W×2、18W×3、15W×4の計13枚設置しています。
枚数も種類もやたら多くなってしまったのは、最初太陽光発電に関する知識が全くなかったため「架台付き」「発電に必要なものがセットでそろってる」という条件で探していたら18Wや15Wの「はじめてセット」的なものばかり買うことになったためです。

特にソーラーパネルの架台やコード類は電気知識も経験もない私にはどうして良いかわからず、少々出力が小さくて効率が悪くてもセットで購入するしかないと考えていました。
その後ソーラーパネルだけでなく架台から配線までトータルで販売している“カウスメディア”というオンラインショップを発見し、100Wと50Wのパネルは架台や配線を含めそちらで購入しました。最初からこのショップにたどり着いていれば・・・と悔やんでいます(^_^;

そんな経緯もあり、チャージコントローラーは100W×4と50W×2の500W分、18W×3の54W分、15×4の60W分の3つに分かれてしまっています。54Wと60Wのものはそれぞれセットに含まれていた付属品のコントローラーを使用していますが、残りの500W分は“未来舎”というメーカーのチャージコントローラー(30Aまで)を使用しています。
チャージコントローラーは最初数千円の安価なものをいろいろ試していたのですが、どれも発熱するばかりでバッテリーに電気をあまり送れていなかったので、結局2万円弱のこのコントローラーになりました。見事に「安物買いの銭失い」ですorz

バッテリーはディープサイクルバッテリーを3台並列で使用しています。13台のパネルが並列で3つの回線に束ねられ、それぞれのコントローラーで電圧を調整(あと過充電防止と電気の逆流防止)したのちバッテリーにつながっています。
バッテリーからは太い銅線がコンテナ内に向かって延びており、玄関に設置したインバーターで直流12Vから交流100Vに変換しています。インバーターもなかなか自分の使用スタイルに合ったものがなかったのですが、8月に入ってやっと「定格1000W・温度が上昇した時だけファンが回る・正弦波インバーター」に出会うことができました(それまでこちらも安物買いの銭失いしてましたw)。

電気の全体の流れとしては、
ソーラーパネル→(最大・直流18.5V)→チャージコントローラー→(最大・直流15.5V)→バッテリー→(直流11.5~15.5V)→インバーター→(交流100V)→家庭用電化製品
といった感じになります。

これとは別に風力発電(200W)→風力発電用コントローラー→バッテリー・・・という流れもあるのですが、まだまともに発電したことがないのでつながっているだけのオブジェ状態ですwww

電気が、通りました!

DSC_0736
大容量インバーターが到着し、ついにバッテリーの電気を使えるようになりました!
これまで使ってた電池ランタンでも結構明るかったのですが、LED照明に変えた途端部屋がびっくりするほど明るくなり、電気の有り難みを感じました(^_^)

一応パソコンも使えるようになり、ルーターを使ってネットにつなげることも確認しました☆
ただ消費電力が大きいときのインバーターの風の音が大きかったので、計画中の玄関に移転するまではパソコンはあまり使えなさそうです。

壁に黒いパネルを貼り付けてそれなりの見栄えはするようになりました!
トイレにもカーテンと仕切りをつけたので以前よりはトイレっぽくなりましたw

今後は明日届くポータブル○○○○の組立とそれに合わせた玄関づくり、そしてバッテリーに電気を貯める発電施設の設置がメインとなります。
これらが無事成功すれば長期的に安定した生活ができるようになるので、引き続き作業頑張ります(*・∀-)b
DSC_0740

DSC_0738