風呂関係の大幅リニューアル。


先日宿泊された大学時代の先輩からのアドバイスを元に、お盆休みの最後の二日間は風呂場のミニコンテナを大改造していました(・∀・)

【作業内容】
・ミニビニールハウスの骨組みを上に延長してミニコンテナの天井高さを2m以上に
・ミニコンテナ内を広く使うため風呂釜を屋外へ、ミニコンテナの壁に穴をあけて配管を通すようにする
・風呂釜の高さの関係でかなり高いところに置いていた浴槽の高さを下げる
・見栄えを良くするため屋根にトタンの代わりに厚手のビニールをかぶせる
・太陽光である程度水を温めておけるように赤こんてな屋上に井戸とつながった貯水タンク(元・雨水風呂用タンク笑)を設置
・貯水タンクから流れてくる水のシャワーをミニコンテナに設置

ミニコンテナに穴をあけるために今回もホールソーを使用したのですが、度重なるコンテナの穴あけによりホールソーの刃がちびてしまっていたこともあり、コンテナより薄いはずのミニコンテナの穴あけはかなり苦戦しました。
あまりに手こずってイヤになってきたので(笑)、最後にはディスクグラインダーを3000円程で購入して、ゴーグルをつけて火花を飛び散らせながら壁を切るように穴をあけました(^o^;

これにより“スイッチ一つで浴槽に温められた水が流れ込み”“ゆったり脱衣し”“窮屈さを感じることなく入浴でき”“風呂釜の煙突に触れてやけどする恐れもなく”“シャワーも浴びられる”ようになりました(” ・∀-)b
風呂釜がいらないほど水を温めることが出来れば即入浴が出来るようにはなるのですが、現状では良い案が浮かばないので、まだまだ薪やオガライト、モミガライトのお世話になりながら90分ほどで湯を沸かします(^_^;