赤こんてな5周年&幌張替え。

世の中がこんな状況のため、最近は国外どころか県外にも出ずに静かに過ごしています(-_- )
職場にコロナ疑惑の人が出た(陰性でした)ためGWが一日早まり、ここぞとばかりに最近滞っていたコンテナDIYに勤しんでいます。

【最近のDIY】
・玄関のラティスを単管パイプで補強
・玄関のビニル幌を張り替え
・赤こんてなの錆び取り&幌張り替え
・今年の井戸復帰作業

玄関のラティスは強風が吹くごとにいがんでしまってたので、根本的な対策として“骨組みは単管パイプ、ラティスはそれに張り付けただけ”としました。
併せてビニル幌も張り替え、風雨にびくともしない玄関に仕上げました(*・∀-)b

そして赤こんてなの幌を5年ぶりに張り替えました。
幌はコンテナ屋上の錆び対策として思いついて実行したものでしたが、トラック幌の寿命の目安である5年が経過したため今回初の張り替えとなりました。

幌をはがしてびっくり…

“水入り込んでるやん…”

幌が劣化して水が漏れたのか、それとも風の強い日に幌の横から水が入り込んだのか、コンテナ屋上には水が貯まっておりそこから錆びが発生していました。
錆びがここまでひどいとは予想しておらず、“錆び取り→錆止め塗料塗布”という作業からのスタートとなりました。

ほぼ日の出から日没までの作業となりましたが、ソーラーパネル等の取り外し&移動→錆び取り→錆止め塗料塗布→遮熱としてシート敷設→トラックシート敷設→ソーラーパネル等の固定、という一連の作業を一日で無事終える事が出来ました。

・シートの素材を別のモノにすべきだったのでは
・錆びてない所も含め塗料全てはがして塗り直すべきだったのでは
・トラックシートは二重に敷くべきだったのでは
と作業終了後もいろいろもやもやしてますが、この作業が正しかったかどうかの答え合わせは次回引っ越し時かまた5年後になります(^_^;)

こうしてコンテナ暮らし丸5年を前にしたメンテナンス作業を終えましたが、このご時世なので来客はほとんどなく、GWはのんびり過ごす事になりそうです。
ご時世、自分の身の上、コンテナ暮らし、それぞれ5年前からの変化を噛みしめながら今日もミニコンテナ風呂で一杯やっています(笑)

7月の近況報告。

最近更新サボってましたが生きてます(笑)
梅雨が明けて暑いと言えば暑いのですが、暑さのピークの時間帯は出勤してていないのでそこまで苦しんでません(・∀・)

夜は涼しいので問題なく眠れます。
これは4年に及ぶ換気の工夫の成果です☆

最近のトラブルとしては、先日の台風の大雨で井戸掘って埋めた地面が地盤沈下して、またもや物置が傾きました(^o^;)
その際に井戸水道管が外れてしまい、井戸も使用停止。暑い中復旧作業に追われました。。。

裏手の物置にモノが溜まってきた事もあり、先日大幅な断捨離も実施しました。
コンテナ暮らし4年間の間に“コンテナ内に実は隠し部屋があった”とかいう夢を見ることが多く、コンテナの収納スペースに潜在意識で不満があるらしい(笑)ので、その対策でもあります。

物置を片づけ、使わないものは“ゴミの日に捨てる”“実家に持って帰る”“廃品回収に出す”“リサイクルショップで売る”などして、物置に新たにスペースを作ることが出来ました(^o^)
今大がかりな作業は予定していないので、このすっきりした状態を維持できればと思います。

地盤沈下の復旧作業も終え、やれやれと思ったときに“物置にゴミついてる”と思って近づくと蝶のさなぎが物置についてました。
そこら中にいるカエル、巣を作ろうとするアシナガバチ、夜コンテナの前の道路を横切るキツネやタヌキやネコ(近くには鹿も)などとあわせて、さすが自然豊かな場所やなと改めて思いました(^_^)

2018年の井戸、営業終了。

上の画像は現在、下の画像は順に今年の7月、4月の、近所にある農業用水用井戸の様子です。
深さはこの2018年で地下3~8mの間を上下したことになります。

そして井戸ですが、ご察しの通り、枯れてしまいました(T_T)
昨年より1ヶ月近く早いダウンです。。。

先日井戸の底に引っかかってた水中ポンプを撤去出来たので50cmほど取水口を深く(地下7.5m、ポンプから8m)したのですが、それだけではどうにもならない程地下水位が下がってました。
井戸をより深く掘っておけば…と思いつつ、これ以上深い井戸だと高価で到底買えない深井戸用ポンプが必要となっていたので“結局この深さはなるべくしてなったんだな”ということに最近気づきました(^o^;)

はじめはまさかこの時期に井戸が枯れるとは思っていなかったので、ポンプや設備の故障を疑って昨日までいろいろ手を加えていました。

・配管の交換により配管内が遮光され藻ができることがなくなった
・配管が補強された
・井戸の口をしっかりふさぎ、異物が入らないようにした
・メンテナンス(配管内の状態確認&注水)用の配管を追加
・たびたび水漏れしてたところの修理

結局これらの作業は井戸復活という意味では効果はありませんでしたが、次復活したときにはより安心して井戸を使う事が出来るようになるので気持ちとしては前向きな気持ちになれました(*・∀-)b



2年越しの水中ポンプ救出。

先日、突然蛇口から水が出なくなりました…
“今年の井戸…もう枯れたか!”と焦りに焦りましたが、一時的な水位低下だったようで、翌日には何事もなかったかのように蛇口は復活していました(^o^;

とりあえずホッとしたものの、問題そのものが解決したわけではなく、これをきっかけに“近々井戸が枯れるのは事実”“もう少し井戸を深く掘っていれば…”と今年も思い悩む事になりました。
いろいろ対策を考えた結果“せめて井戸に2年弱引っかかっている水中ポンプを撤去できれば、その分取水口を下ろせるので井戸枯れの期間を短縮出来る…”という結論に至り、一昨日水中ポンプの再度の救出作戦に挑むことになりました(^o^)

私の井戸は地下3mからS字型に曲がっており、そこに判断を誤って水中ポンプを沈めた結果、これが引っかかって2年弱出てこなくなっていました。
これまでにも何度か引っ張り上げようとしたものの、何かに思いきり引っかかっているのかびくともせず、最近は引っ張り上げるのを諦めてました(^o^;

“これまであれだけ力を込めてもびくともしなかったのだから今日も無理だろう、何か力ずくでやる器具が必要か…”なんて考えながら、一昨日もこれまでと同じように引っ張ってみたところ…

“するっ”

“あれっ、結構引っ張れる!これもしかしていけるんじゃ…”と思いながらするする引っ張ってたら、なんと2年弱ぶりに水中ポンプが地上に姿を表しました!
これまでどこがどう引っかかっていたのかは謎でしたが、今回は今までの苦戦がうそのように、拍子抜けするほど難なく引っ張り上げる事が出来ました(*・∀-)b

水中にずっと沈んでいたポンプはさすがに壊れてましたが(沈めっぱなしはダメと説明書に書いてました)、これでめでたく井戸の底にスペースが出来ました☆
出来たスペースは深さ50cm程ですが、この分取水口をより下ろす事が出来るようになったので、井戸枯れの期間は今年(1~5月上旬)より短縮できると期待しています(^_^)

夏の仕上げ作業。


やっとほぼ通常勤務に戻りました(^o^)
午前中の空き時間がひと月ぶりに復活したので、医者に行った(胃にピロリ菌はいませんでした笑)後、ホームセンターに寄って、久々にコンテナ作業してました(*・∀-)b

【今回の作業】
・白こんてなにも窓用換気扇設置
・白こんてなに靴べら設置(←友人のリクエスト笑)
・窓用換気扇用の雨除け取り付け
・風呂のふた交換
・掃除機かける
・赤こんてなの蛇口をアダプタつけて泡沫蛇口に
・白こんてなの蛇口を簡易浄水器付きに
・最近暑さで頻繁に裂けてた井戸の吸水ホースを一部塩ビ管に交換
・白こんてなのししおどしの容器を大きいものに交換
・台風でやられてたアスパラガスの支柱を修繕
・草抜き

ばあちゃん家を参考に赤こんてなに設置した窓用換気扇は、猛暑だった今夏に絶大な効果を発揮してくれました☆
これを肉を焼いたりして煙と熱がこもりがちだった白こんてなにも設置することで、白こんてなの本来の涼しさを取り戻せればと考えています。

全体的にささやかな改良ですが、これで最近気になってたトラブルを一通り解決しました☆
また“ちょっとお上品”と憧れてた泡沫蛇口を、アダプタでながら実現しました(^_^)

あとは特に急ぎでやることはないので、これで次回の来客を待ちたいと思います!
早くも最近夜肌寒くなってきたので、次回の帰省時には布団を持って帰ってきます。

今年度の井戸水の水質。


今年度の井戸水、いったん枯れての復活なので水質検査を受けました(^_^)
そしてその結果が今日返ってきました。

気になる結果は…

“検査結果において水道法水質基準値に適合”

昨年同様お墨付きはもらえました(*・∀-)b

ただ、全て基準値に収まっていたとはいえ、昨年と比べて数値が改善したところ、逆に芳しくなかったところがありました(^o^;

【改善したところ】
・水に含まれる各種金属の数値が下がった
・色度、濁度の数値が下がった(より無色透明に近づいた)

【基準値内ながら芳しくなかったところ】
・雑菌が増えた
・pH値が下がった(7.0→6.6:弱酸性)
・塩化物イオンの数値が若干上昇した

井戸ができて1年経つことと、今回赤こんてなの蛇口(前回は井戸横の立水栓にて調査)で採水したこともありますが、井戸内が“外の影響を受けているのかな?”と思わせる結果でした。
一方色や濁りなど見た目についてはより良い結果となったので、今後も水質維持のために努力していこうと思います。昨年同様、料理に使う際は念のため煮沸します。

昨日は風呂場コンテナでこぼれた水が地面に流れないように床に防水シートを敷いたり、着替えを置く棚を設置したりと風呂場をいじってました(・∀・)
また“夜沸かして入浴し、残り湯で翌日昼入浴”という2日で1セット(土曜は例外)のローテーションを組むことで燃料や電気(ポンプ)の節約だけでなく排水の抑制につなげています。

あと入浴中に忘れ物を取りに行ったりするときパンツ一丁で歩き回ってる姿を目隠しするため入口付近にのれんをつけました…
…が、のれんが薄すぎて画像のようになってしまいました(笑)

コンテナ暮らし、3周年!


コンテナ暮らし、本日でついに3周年を迎えました!
気づけば中学や高校の入学から卒業までの期間と同じだけここで暮らした事になります(笑)

この一年間は“換気扇の取り付け”“白こんてな設置”“風呂場の整備”“ソーラーパネル&バッテリー増設”“直流24Vへの昇圧”“バッテリー用物置の設置”など、一年目、二年目と比べても変化に富んだものでした(^_^)
一時期枯れた井戸も地下水位の上昇により復活し、現在はトラブルなく安定した生活を送っています。

最近は風呂や食料買い出しについて1週間のローテーションを考えたり、料理に挑戦したりする日々を送っています。
光の都合で色が少し変ですが・・・画像はクリームシチューです(笑)

三年暮らしたから卒業…(笑)という訳でもないので、次のことを起こす貯金が出来るまで引き続きこの暮らしを続けていくつもりです。
今はまだ涼しいですが、来る4度目の夏に向けて赤こんてなへの遮熱塗料の塗布やコンテナ屋上の散水など、またしばらくは暑さ対策について考えていくことになります(*・∀-)b

井戸、復活!


糸魚川での翡翠探し、ディープな大阪めぐり、お隣さんの焼きそばパーティーへの参加、複数のお巡りさん案件(苦笑)など、学び多きGW(笑)を終えたところで、井戸、復活しました(^o^;
どうやら地下水位ではなくポンプや弁の問題だったようですが、4ヶ月ぶりの蛇口からの水でした!

井戸復活以来、赤こんてな屋上の貯水タンクの洗浄、貯水タンクへの貯水、コンテナ風呂の準備、洗面所の掃除、ししおどしの掃除&復活など、ここぞとばかりに水を使いました☆
今年度の水質検査がまだなので飲用は控えてますが、水質検査の結果を待って再び鍋や紅茶、米を炊く水としたいと考えています(*・∀-)b

ししおどしには糸魚川で拾ってきた“エセ翡翠(笑)”の石を投入し、白こんてなのリネン類を夏仕様に変え、蛇口の先をシャワー状にし、今年度の宿泊体験に備えました。
最近一人暮らしを始めた妹の“蛇口の先がシャワー状だと水がはねにくい”“蛇口の先だけなら百均で手に入る”というアドバイスを参考に、蛇口の先に百均グッズをつけています。

トマト農家のおっちゃんからもらったかぼちゃの苗を植え、伸びすぎたアスパラガスの収穫をあきらめた(笑)ところで、コンテナ暮らしは来週で丸3年を迎えます。
今年度は今冬の井戸の再掘削(予定)を除くとそこまで大きな作業は控えていないので、記念動画づくりなど静かな4年目となりそうです(^_^)

ちょっとした作業。


まだ井戸枯れてます>_<
年末に井戸が枯れる前に貯めた貯水タンクの水があるものの、水質面で難があるので安全な水に困る日々が続いています。

そんな中、先日やると決めていた事のいくつかを実行に移しました☆

【今回の作業】
・貯水タンクの水を薬品消毒(もともと飲用不可)
・冬の低い日差しで陰になってしまっていた白こんてなのソーラーパネルの一部を赤こんてなの日なたに移設
・雪で垂れ下がり気味だった玄関の日除けの下にポリカ波板を敷いて形を整える

ソーラーパネルの移設はなかなか手こずり、ちょっと危なっかしい場面もありましたが、とりあえず所定の作業は完了しました。
久々の“比較的派手な作業”だったので、この日の夜にはちょっと筋肉痛になりました(笑)

“貯水タンクの水が臭くなくなる”“赤こんてなのドアを開けたとき日除けの布に引っかからなくなる”“ソーラーパネルが日に当たりやすくなる”“雪下ろしをするためのスペースが広がる”など、地味ながらも今回の作業でいくつかの不便が解決できそうです(^_^)
そして今年は滋賀に雪が降らないことで(福井で落としてきてしまっているんでしょうか)なかなか復活しない井戸ですが(昨年は2月上旬から使えています)、遅くとも3月中には復活して欲しいなぁ…と願っております。

明けましておめでとうございます。


新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたしますm(_ _)m

…さて、ただ今、紅白こんてな共に停電&断水中です(笑)
年明けに水位低下で井戸水が汲み上げられなくなり、また夜通しPS4(笑)&ファンヒーター&悪天候でバッテリーもあがってしまいました(T_T)

井戸については昨年通りだと1月中には復活の見込みですが、その間水が使えないのは不便なので、飲用不可ながら以下の対策をとりました。

・昨夏赤こんてな屋上に設置した風呂用貯水タンクから白こんてなの洗面台にホースを延ばし、ノズルを握ると高低差で水が出るようにする。
・白こんてなのトイレを赤こんてなと同じ貯水タンク付きの水洗式に
・赤こんてなには井戸完成前に使っていた水タンクを洗面台に蛇口代わりに設置

この作業により井戸が復活するまで風呂は使えなくなったものの、風呂用に井戸から汲み上げて貯めていたタンクの300Lの水を手洗い用程度なら使えるようになりました。
元々は井戸水とは言え、タンクの水は保管期間が長いのでとりあえず“飲用不可”“手洗い用”にしています。

そして電気ですが、コンテナ生活丸3年が近づく中、そろそろバッテリーの劣化についても考えなくてはいけなくなってきました。
私の使っているディープサイクルバッテリーはカタログ上だと300~500回程なので、きっちり毎日充放電を繰り返している現状だと2015~2016年に買った分(一番長いものだとまもなく1000日)はとっくにカタログ上での寿命に到達していることになります。

対策としては、
1・バッテリーを同じものに買い換え
2・リチウムイオンバッテリーへの交換
3・より耐久性があり、寿命が長いバッテリーへの交換
4・今使ってるバッテリーの延命

1は他の手段と比べるまだ費用が少なめなものの、数年後にまた交換に悩むことになります。2は鉛バッテリーより高性能なリチウムイオンバッテリーに憧れるものの、DIYレベルでソーラーパネルからリチウムイオンバッテリーへ安全に充電する方法がまだ確立されていないので安全面から×、3は1と2の間の性能と費用ですが、1と比べると1.5倍の価格差なので費用対効果を考えるとあまり気が進まない…
そこで、4・“1台だけ今と同じバッテリーを購入し、捻出したバッテリーを1台ずつ充電器でリフレッシュして延命&余ったバッテリー1台は満充電状態で緊急時用に保管”という方法を取ることにしました(*・∀-)b。
これで出来るだけ延命を図り、その間にリチウムイオンバッテリーの普及が進めば…などと期待しています(笑)

水関連の作業はほぼ終わり、後はトイレの到着待ちですが、電気関連については正月休み明けにちまちま作業するつもりです。
“アスパラガスの栽培続行”や“コンテナ本体、電気、水、その他設備の修繕”など、2017年と比べて2018年は“完成から維持”というのがキーワードになってくる気がしています(^_^)