井戸掘り完成報告②


ただ今風呂に入りながら一杯やってます(笑)
今後また自分で掘る必要が出来たとき、あるいは私の井戸掘りを参考にされる方のために、忘れないうちに私の井戸掘りのまとめを書き残しておこうと思います。

【井戸のデータ】
・深さ7m
・中で井戸枠が曲がってしまったので井戸枠は8mあります。
・直径20cm
・下の5mはカナフレックスのカナネット(最初から細かな穴が多数開いています)、上3mはふつうの塩ビ管です。
・水中ポンプ(寺田のSP220)は中に溜まった土砂排出用、安物の輸入品の電動井戸ポンプが蛇口用。
・2015年11月29日着工、2017年2月14日竣工
・地下水は地下3m(7月)~地下7m(1月)の間で上下しているようです。
・水質は現在検査依頼中(3月に判明予定)

【良かった点】
・水量が豊富だった。
・カナケのないキレイな水だった。
・はじめはガチャポン(手動ポンプ)で計画してたのが、水中ポンプ、蛇口で反応するポンプとレベルアップできた。
・ご近所に迷惑をかけることはあまりなかった(と思います)。
・トマト農家のご夫妻、近所のおばちゃん、井戸掘りNPOのおっちゃん達など、人の繋がりが広がった。
・扇状地の端は伏流水が出やすく、井戸を作りやすいことが分かった。
・周辺の地層や地形などの地学の勉強になった。
・選んだ土地が水が出る土地だった。

【失敗点】
・最初から掘井戸にすれば良かった(ネットに載ってた打ち抜き井戸では対応できないほど地面が堅く、また玉石が大きく、多かった)
・掘井戸にしていれば1年工期を短縮できた。またエンジンドリルや石拾い機、オーガーなどの費用がかからなくて済んだ。
・はしごの長さが足りなかった。はじめから7.3mの2連はしごを用意しとけば良かった。
・はしごに合わせて穴が斜めにずれていった。安全面で心配なものの、ロープはしごの方がまっすぐ穴を掘れる。
・はしごが土に埋まって抜けなくなってしまい、一緒に埋めざるを得なかった。
・カナネットが中で曲がったまま埋まってしまった(井戸掘り最大の失敗)。これなら一緒に埋めたはしごにくくりつけておけば良かった。
・穴が曲がった井戸に水中ポンプを沈めたら抜けなくなった(井戸掘り第2の失敗)。そのまま沈めて土砂排出用にしているものの、将来壊れた時を思うと気が重い。
・安物の電動井戸ポンプの水の勢いが弱い。湯船に水を張るのに時間がかかるので消費電力が大きい。

【自己ベストな井戸の作り方】

☆いるもの
・穴の開いた井戸枠(直径20cm×穴の深さに応じて)
・穴の開いていない井戸枠(直径20cm×2m以上)
・井戸ポンプ
・フート弁
・サクションホース(汲み上げ用と給水用、私のポンプの場合32mmホースでした)
・シャベル
・ミニつるはし
・バケツ
・ロープ2本(バケツ引き上げ用とはしごダメなときの脱出用)
・ヘルメット
・思い切り汚れても良い服装(肌が見えない服装)
・長靴
・マスク
・軍手(滑りにくく、水が入らないもの)
・普通車1台分以上の広さの土砂置き場
・粘土などの空気を通さないような細かい土の層を掘るときは換気設備も

☆土地を探す
・ずっと昔から家がある地域:昔井戸を使っていた証拠。
・扇状地の端:扇状地は山からの大きい粒の土砂がたまって出来てるので水はけが良い→伏流水が出来る→扇状地の端なら浅い穴で汲み上げられる。
・高台でないとこ:特に人工的に造成した土地は造成する前の地表面まで掘ってからのスタートになる。

☆穴を掘る
・はじめはシャベルでそのまま穴の横にかき出す。
・ある程度深くなったらはしご(危ないけどロープはしごだとまっすぐ穴を掘れる)と予備の脱出用ロープをつける。
・地上とロープでつないだバケツに土砂を入れ、バケツがある程度一杯になったらはしごで上に上がり、上からロープでバケツを引き上げる。
・そしてバケツをロープで下に下ろし、自分も穴に下りてバケツに土砂を入れていく。これの繰り返し。

☆深さ
・年末に向けて掘っていく。
・1日2時間ほど、30cmぐらいずつ。
・水が出たら、水深10cm(大きな水たまりが出来る感じ)ぐらいまで掘って一旦作業は終わり。
・数日して水が枯れたら作業再開。
・また水深が10cmになるように掘り進める。これを数ヶ月繰り返す。
・1月~2月に地下水が枯れなくなり、むしろ地下水位が1m近くまで上がりだしたら穴掘り終了。

☆井戸枠
・カナネットははじめから穴が開いているので穴あけは不要。
・カナネットの片側の端は網戸の網(細かい網目のもの)をかぶせて固定する。
・穴がまっすぐになるように、何か地表に届くほど長くてまっすぐなもの(木など)を地面に垂直に立てて、これにカナネットを固定する。
・埋め戻す際はカナネットの穴に土砂が入らないようにバケツをかぶせておく。
・カナネットがほぼ埋まったら、今度は塩ビ管(最低2m)をカナネットにつなぎ、埋めていく(すべてカナネットにしないのは地面に降った雨水の侵入を防ぐため)。

☆仕上げ
・塩ビ管も埋まったら、(物や雨水が落ちるのを防ぐため最低50cmは地面から飛び出した状態にしましょう)、塩ビ管にフタ(管を入れる穴が開いています)をする(メンテナンスのためフタは固定していません)。
・地下水を吸い上げるサクションホースの先にフート弁(ポンプ停止時の逆流を防ぐことで呼び水を不要にする→蛇口をひねるとすぐ水がでる)を取り付け、井戸に挿入していく。
・ポンプとサクションホースをつなぎ、さらに蛇口をつなぎ、呼び水をしてスイッチを入れ、水が出たら完成です!(・∀・)

☆注意点
・地面が堅くない土地で掘井戸は危険。四方に壁をつけながら、またはネットにある掘り抜き井戸で!
・水を通さない層は空気も滞留しやすいので酸欠注意。
・転落注意。自分だけでなく、穴を掘らないときは穴をのぞいた人が転落しないように柵を組んでおく。
・穴の中では落下してきた石に注意。必ずヘルメットを。
・出た水は水質検査の結果が出るまで口にしない。

…書き出したらかなり長くなりましたが、以上で井戸掘りの総括を終わりにします。
私が再度井戸を掘る日が来るのかは分かりませんが、完成したこの井戸をこの地に住む間大切に使っていきたいと思います(” ・∀-)b 

井戸枠、埋め戻し完了!


井戸枠を埋め始めて一週間。ついに穴は完全に埋まりました!(・∀・)
土砂排出用のポンプが穴から抜けなくなってしまうという凄まじいトラブルもありましたが(解決はしていないのでそのまま笑)、井戸本体はほぼ完成です!

蛇口用ポンプはまだ取り付けが終わっていないので無事蛇口から水が出るかは分かりませんが、(穴から出てこなくなってしまった)土砂排出用ポンプからは濁りのないキレイな水がどばどば出ているので、地下水位や水量は問題なさそうです☆
今後蛇口や流し台、排水ホースやシャワーを取り付け、無事風呂で一杯やることが出来れば“井戸掘りの総まとめ”の文章をしたためたいと思います(” ・∀-)b

ついに・・・井戸枠挿入!


井戸掘り………………

ついに井戸枠を入れて埋め戻し始めました!
1月19日に掘って以来地下水位が上がってきており“そろそろかな…”とは思っていたのですが、2日に底に降りてみると水深が1m近くになっていたので…ついに決意しました!(・∀・)

まずは先輩に手配していただいた集水管(小さな穴がたくさん開いています)の先に目が細かい網戸の網を取り付け、貯まった水の底に沈めました。
そしてそこから埋め戻していくんですが、集水管が曲がったまま埋まらないように、また浮き上がってこないよう固定するのになかなか難儀しました(^o^;

そして土砂の下ろし方ですが…バケツで一杯ずつ下ろしていくのは安全面でも体力面でも要領もよろしくないので、上から少しずつ落としていくことにしました。
半年掘っているうちに穴は既にまっすぐではなくなっており、土砂をどう気をつけて落としても集水管に当たるので、内心穏やかではない方法ではあります(^_^;

とにかく“集水管が出来るだけまっすぐ埋められるように”“石に当たった衝撃で埋めたところから外れたり浮き上がったりしないように”ということに留意して、今日は水が見えなくなる程度に埋め戻しました☆
あとはしごは埋め戻すのと同時に少しずつ上にあげていく予定でしたが、引き抜こうとすると集水管まで抜けてしまいそうになったので、残念ながら地下2~7mのところに残していくことにしました>_< このやり方だと1日2時間、1mペースで埋めていけそうなので、来週の今頃に集水管(5m)を埋め終える事が目標となります☆ その後ポンプを入れて管の中から水が出てくる事を確認した後、あとの2mは塩ビ管を入れて、2月中旬までには元の地面の高さまで埋めて、ポンプと蛇口を取り付けたいと思います(" ・∀-)b 

井戸、目標深度まで残り40cm!


14連勤2日目です。
今日は仕事が少なめの日だったので、昼間は井戸掘りに勤しんでいました(“・∀-)b

17日に目標深度への到達を目指していたものの、水位低下のペースが予想より遅くなっており、現在6.1mです。
目標の6.5mまであと40cmなので年末には到達できる予定ですが、トマト農家のおっちゃんの“30尺、10m掘ってあれば20年に一度の干ばつでも枯れない”“地下水は1~2月が一番低くなる”という言葉を思い出すと“やっぱり年中枯れない井戸がいいなぁ…”と、目標の再設定も頭に浮かんでいます(^_^;

とは言えもし6.5m以上掘るならば、ポンプの交換、はしごの交換、パイプの追加購入など、追加費用が次々にかかってきます>_<
しかも井戸から水が汲めなくなるであろう12月中旬~4月中旬に、コンテナ風呂に入るのは実際のところあまりないのでは…という気もします。

夏は地下3mほどまであった水がそれから数ヶ月で3mも下がっており、季節によって地下水位がこんなに変化するのかと驚いています(^o^;
このペースだと2月にはさらに3m近く下がる見込みで、やはりトマト農家のおっちゃんの10mという数字に近くなってきます。

とりあえず現状はあと40cm残っているので、それを掘りきってからまた考えようと思っています(^_^)
先日妹と出かけた岐阜観光では今話題のモネの池と養老の滝へ…ついつい水ネタな観光になりましたw

井戸掘りのゴール設定。

15219484_935658239903482_4553301565737432029_n
数日前、いつものように井戸掘りをしていると…
“ボキィ!”

ホームセンターで買った400円のミニ鍬の溶接が折れてしまいました(^o^;
仕方がないので、新たにミニつるはしを用意して掘削を続けています。

最近ずっと考えていた井戸の深さですが、ハシゴの長さ、電動ポンプの能力、金銭面などを勘案して、6.5mとすることに決めました☆
6.5mまで自分サイズの穴を掘り、そこで穴掘り器を回して深さをかせぎ、そこに大学時代の先輩から購入する井戸枠用の管をさして立てて周りを埋めていく…という計画です(“・∀-)b

最近は“水が枯れたら掘る→掘り進めたら再び水が出る→地下水位が下がって枯れるまで数日放置”という流れで、地下水位の低下に合わせて掘り進めています。
現在の水位低下のペース(1.7m/月)だと12月中旬に地下水位が6.5mになる予定なので、それに合わせて掘り進めていきます(^o^)

現在5.1m地点でまた水が出ているので、次回の掘削はまた数日後。
6.5m掘れていれば水深は1.4mということになるので、来年の今頃はまだコンテナ風呂に入ることが出来る計算になります!

6月中旬に急に地下水位が上昇し、10月中旬に急に地下水位が低下したので、一定のペースで水位が上下しているのなら2月末が最も地下水位が低くなることが予想されます。
水位低下のペースと照らし合わせると、深さ6.5mだと12月中旬~4月中旬が井戸使用不可になることになりますが…冬季は雨水タンクを利用するなど他の水確保の方法も考えてみたいと思います(・∀・)
15094342_931013180367988_558546154745264962_n

井戸の今後の計画。

15094342_931013180367988_558546154745264962_n
井戸掘り、地下4.7mまで到達しました(“・∀-)b
NPOの方々の電動ハンマー&穴掘り器で掘って掘削断念した小さな穴の底が4.9m地点にあるので、そこを超えればいよいよ5mです!

安全のため4mだけ掘ってそこから穴掘り器…という計画が、地下4mの地層はあまりに石が多くて堅いため穴掘り器では歯が立たず、結局自分サイズの穴が地下5m近く続いています(^_^;
脚立も高さが足りなくなってしまったので、新たに用意したハシゴで頑張ってます。

4.7m地点でまた水が出てきたので、水が枯れるまでまたしばらくお休みです。
休みの日なら1日30cmは進むので、次回の掘削でいよいよ5m突破となりそうです☆

納得出来る深さになれば、大学の先輩にお願いしている井戸枠を入れて、周りを埋め戻せば完成なのですが…今完成させると“冬は使えない井戸”になるのが確定してしまいます>_<
とはいえ一番地下水位が低い時期に合わせると完成は早くても2月頃、しかも深さが10m近くになりそうなので、なかなかそこまで仕上げる気にもなりません。

安全面、費用面、体力面を鑑みて、とりあえず現状では“12~2月に枯れる深さ6~7mの井戸”で仕上げようかなぁ…と考えています(^_^)
それまでに石の多い地層が終われば、そこから穴掘り器で10m近くまで掘り進められるんやけどなぁ…と、この下の地層に少し期待もしていますw
15036590_931013163701323_879864223123928152_n

15036240_931013207034652_8269358207186639390_n

15027981_931013227034650_4803347872617014388_n

井戸、掘削再開!

14910389_922580611211245_294647721420700741_n
井戸、やっと(?)枯れたので、さらに深さを稼ぐべく掘削再開しました!
ポンプを引っ張り上げ、柵を一旦外し、3m下の世界へ降りていきます。

穴の底に降りるといつもカエルや虫が穴から出られなくなっているので、穴の外へ救出する作業からスタートします。
カエルを手で包んではしごを上っていくのはなかなか大変な作業ではあります(^o^;

まだ枯れて数日しか経っていないので、20cm程掘った時点でまた下から水がにじみ出てきます。
この寒さで水中作業は辛すぎるので、底の面がうっすら水浸しになった時点でその日の作業は完了です(^_^)

以前の穴掘り器での掘削を邪魔していたのであろう大きい石を拾い上げつつ、90分程でこの日の作業は完了しました(“・∀-)b
最後に穴掘り器で穴の中央だけ深く掘っておき、地下水位の下がり具合の確認用にしてあります。

深さは3.8mを超え、そろそろはしごの長さ(4m)が足りなくなってきたので、5~6m程のはしごの購入が必要なようです。
今月で井戸掘りを始めてついに1年になりますが、やっとゴール地点が見えてきたような気がします(・∀・) 
14955916_922580647877908_8562608424759521524_n

14925670_922580667877906_6795165596525756724_n

14915355_922580594544580_7738685516553790539_n

ついに井戸、仮オープン!

13781660_861168184019155_8095083631173795309_n

井戸、とりあえず仮オープンしました!
転落防止のため工事現場用の足場で穴の一部をふさぎ、柵を立ててあります。

電動ポンプを沈めてあるので、スイッチ一つで水が勢いよく出てきます☆
水質は…水の出し始めは透明でキレイな水が出るのですが、まだ井戸枠がないので湯船1個分以上水を出し続けるとポンプが細かい泥を巻き上げて少し濁ってしまいます(^o^;。
井戸のグランドオープンまでは“風呂用水は朝一番、一日一回のみ汲み上げ”がルールとなりそうです(水やり用は風呂用水を汲んだ後ならいつでもokです)

こうして半年以上ぶりに復活した風呂“コンテナ温泉、JOTの湯www”
まだ仮オープンなので洗い場などの整備は井戸の完成後になりますが、目隠しした隙間から青空を眺めて入る風呂はまた格別で、コンテナ暮らしでやろうと思った事がまた一つ叶いました(・∀・)

ここ1週間ほど来客が連続してあったので、夏仕様に整えた室内とともにおもてなし。
ゴークールや換気扇をはじめ、だいぶ熱対策を施したので、昨年と比べ圧倒的に快適な空間になっています(“・∀-)b

13769492_856745661128074_3250193284348154418_n

13729080_861168197352487_7098296540337023793_n

井戸掘り、休止。

13710048_856745671128073_8582347106199824412_n
今日も井戸掘り30cm進めよう…と、電動ポンプのスイッチを入れて地下3mへ。

“あれ、水…ちゃんと減ってる?”

以前はポンプのスイッチを入れて1分程で空になってた井戸が、今日は5分経っても空になりそうにない。
しかもそのうち電動ポンプがへたってきて、むしろ水位が上がってる…

“もうこれは無理やな”
現状で掘れるところはここまで!と判断し、とりあえず“転落の心配がない”仮設井戸を作る事に方針転換しました(・∀・)
いろいろ考えた末、工事現場の足場みたいなので穴の一部をふさぎ、柵をつけ、ポンプのホースを湯船に導けるようにしました☆

こうして水が枯れるまでの間使う仮設井戸(1m×1m×3.5m・水深60cmほど)が完成。
明日夜は来客の宿泊があるので、昼のうちにもう少し整備してから、昨年の雨水風呂→井戸水風呂(塩素消毒はします)を用意しようと思います(“・∀-)b
13769492_856745661128074_3250193284348154418_n

湧水の中、井戸掘り。

13709894_855562377913069_7732206701746746572_n
地下水位が下がるまでただ待つんじゃなくて、少しでも掘り進めよう…ということで、今日は電動ポンプで水を抜きながら掘削をしていました(“・∀-)b
穴の中で一カ所深いところを作り、水が貯まりやすいようにして、そこにポンプを置き、水を抜きながら横で土砂をかきだしてバケツに入れていました。

掘っている横の壁360度から湧き出てくる水。
“この湧き水が年中なら良かったんやけどなぁ…”と少し恨めしく思いながら、せっせとバケツ15杯分掘りました☆

途中で以前落とした石拾い器やボールペンを発掘しながら、今日は3.3mで終了。
思い切り濡れるので、ウェットスーツ、フィン用の靴、時々ゴーグルと、魚とりの装備フル活用でしたww

地下3mから汲み上げた千リットルを超える大量の水はそのまま排水溝に流していたのですが、だんだん澄んでキレイな色になってきたので、作業終了時に水浴びをしました(・∀・)
水深が深くなったので水の量も十分で、これなら水が枯れるまでトイレの流し水や大豆の水やりなど、水道代わりに使えるかなと思います。

これなら念願の井戸水風呂も入れるやん、井戸完成の前に風呂を楽しもうかな…と、片づけついでに風呂を沸かす準備。
しかし穴の位置が風呂コンテナと近く、風呂上がりに転落…なんて事態が想像できたので自重しましたw
13606868_855562341246406_4248079591129617907_n

13726743_855562357913071_7454407299153453194_n