井戸掘りのゴール設定。

15219484_935658239903482_4553301565737432029_n
数日前、いつものように井戸掘りをしていると…
“ボキィ!”

ホームセンターで買った400円のミニ鍬の溶接が折れてしまいました(^o^;
仕方がないので、新たにミニつるはしを用意して掘削を続けています。

最近ずっと考えていた井戸の深さですが、ハシゴの長さ、電動ポンプの能力、金銭面などを勘案して、6.5mとすることに決めました☆
6.5mまで自分サイズの穴を掘り、そこで穴掘り器を回して深さをかせぎ、そこに大学時代の先輩から購入する井戸枠用の管をさして立てて周りを埋めていく…という計画です(“・∀-)b

最近は“水が枯れたら掘る→掘り進めたら再び水が出る→地下水位が下がって枯れるまで数日放置”という流れで、地下水位の低下に合わせて掘り進めています。
現在の水位低下のペース(1.7m/月)だと12月中旬に地下水位が6.5mになる予定なので、それに合わせて掘り進めていきます(^o^)

現在5.1m地点でまた水が出ているので、次回の掘削はまた数日後。
6.5m掘れていれば水深は1.4mということになるので、来年の今頃はまだコンテナ風呂に入ることが出来る計算になります!

6月中旬に急に地下水位が上昇し、10月中旬に急に地下水位が低下したので、一定のペースで水位が上下しているのなら2月末が最も地下水位が低くなることが予想されます。
水位低下のペースと照らし合わせると、深さ6.5mだと12月中旬~4月中旬が井戸使用不可になることになりますが…冬季は雨水タンクを利用するなど他の水確保の方法も考えてみたいと思います(・∀・)
15094342_931013180367988_558546154745264962_n

順調な掘り抜き井戸掘削。

13438980_851945248274782_7165676709436935370_n
自分が入れるサイズの穴、深さ2.7mにまでなりました(“・∀-)b
1日30cmというハイペースです☆

この半年間掘ってきた穴を広げるという作業のため、掘れずに思い悩む…ということがなく精神衛生上助かりますw
穴掘り器で悩みながら掘ってたこの半年間もあながち無駄なものではなかったようです(^_^)

はしごが4mまでなので、5m弱掘った時点で自分サイズの穴掘りを終え、そこから再び穴掘り器での掘削を開始します(・∀・)
穴掘り器やNPOのおっちゃんの機械を止め、私に今回の大きな穴を掘らせる事を決意させた4.8m地点の石を取り除くのがまず第一です☆

8月に入ると仕事が忙しくなってしまうので、この1週間毎日30cm、バケツ15杯掘って、今週中には自分サイズの穴を完成させる予定です。
誰かに手伝ってもらえればはかどるのですが…汗びっしょり、泥まみれ、重労働…なかなか手伝ってくれる人がいるとは思えませんw
13590330_851945234941450_2286420155909927262_n

13567262_851945218274785_1212864214725044999_n

井戸掘り、方針転換。

13406812_837235729745734_7911381258133567227_n
久々に再会した後輩を迎えて挑んだ、三度目の機械掘削…失敗しました(T^T)
たった20cm前後での機械停止…いつもは電動ハンマーで1m位は進む(後日手掘りで穴を広げる)のに、昨日は全く話にならない感じでした。

…NPOのおっちゃんには“お金はいらない”と言われました(せめても…と、せんべいの詰め合わせだけ渡しました)。
あと数メートルで石の層は抜けられるはずなので“そこだけ本格的な掘削機を導入することで、確実に、かつ少しでも安く掘削出来ないか?”という話になり、見積もりを出してくださる事になりました。

いくら数メートルの掘削でも、本格的な掘削機を導入するとなると結構な金額が予想されます。
その見積もりだけをアテにする訳にはいかないので、今後の“水確保”の方法を考えてみました。

1・上下水道を契約する(20~30万、しかも今のトイレやと下水道代がまるまる無駄)

2・石が少ないと言われているところに引っ越して掘る(せっかくご近所さんに存在を認めてもらえたのにそれをリセットするのは…あと土地代が予算的に無理)

3・自分自身が入って石を取れるように穴を広げる(安全性に難あり。しかも万が一私じゃない他の人が落下したら大変な事になる)

4・何か機械を導入する(NPOのおっちゃんと同じ道具を揃える→井戸掘り屋でもしないと元取れない。)

一晩考えた結果………“5・エンジン付き穴掘り機で石の層の突破を狙う”という結論に落ち着きました(-∀-)
昨年末“もしも…”のために用意してあった、エンジン付き穴掘り機の機材の出番となりました☆

前から候補にあったエンジンをネットで購入し、それに必要な道具(ネジや燃料)を調達してきました(・∀・)
今回からエンジン以外はコンクリート板で隠れるようにして、安全面にも配慮しています。

買ったエンジンは49ccとトルクがあまりなさそうなので“土をほぐす→出てきた石は石拾い器で撤去する”という流れが予想されます。
あと数メートルで石の層は終わりとのことなので…その数メートルだけでも活躍を願うばかりです>_< 13335928_837235699745737_5507331110399552273_n

13346858_837235719745735_762505133261227792_n

井戸、4m到達!

11165113_816695505133090_1173333315977512465_n

先日の昼間。
部屋でぼーっとしてると、“ゴンゴン!”とドアをノックする音。

“ピンポンあるのに…もしかして何かクレームやろか(゚o゚;”とビビりながらドアの窓をおそるおそる開けると、そこにはNPOの井戸掘り屋さん。
“仕事で近くまで来たから”とコンテナの井戸掘りの様子を見に来てくださいました(・∀・)

地層が変わったら、または5mまで掘り進んだらまた機械で掘ろう…という話になったので、とりあえず5mを目指して掘ってます。
そして今日、3m到達以来2ヶ月で4mに到達しました!(*・∀-)b

下を覗いてもいまいちピンとこないですが、身長の2.5倍、コンテナの1.5倍以上の深さの穴が玄関横に空いている事になります。
安全のため穴掘りしてないときは塩ビ管で穴を狭め、コンクリート板で残りの穴をふさいでいます。

近所の柱状図を見ると地表5m下に地下水位があるので、その通りになるとすれば水がにじみ出すまであと1m。
ここで穴掘り器も延長して5m対応(ただし石拾い器は今の仕組みだと4.5mまでしか拾えない)にしたので、GWまでに5mに到達させて、水の姿を拝みたいところです(-∀-)

13096038_816695478466426_1043289139085543385_n

13100953_816695535133087_4188203237523263762_n

ボス石、さらに回収成功。

10455341_796485583820749_6279256571468700452_n

ここ最近ずっと穴掘りの邪魔してた石、ついに出てきました!
NPOの方々の掘っていた穴の真下から出てきたので、おそらくこの石がNPOの方々の機械を止めていたのだと思われます(^o^;

これまでの石と比べて、深さ3.5mとかなり深いところからの吊り上げとなったので、今回は石拾い器が石をつかんでからが大変でした(^_^;
今のやり方だと自分が出来るだけ高いところに上らないと石を拾い上げられないのですが、今回コンテナの屋上に上っても高さが足りなかったのでせめて脚立に上るだけで済むよう少しやり方を変更しました。

悪戦苦闘2時間。
これまでのボス石に合わせて穴を広げてあったので今回は穴を広げることなくボス石No.5は地上に姿を現しました(^_^)b

これで邪魔するものはなくなったし、一気に水脈まで…と思って掘り始めると、わずか10cmで次の石が…
本日は3.6m地点で明日に引き継ぐことになりました(-∀-)
10392124_796485613820746_8340896174935730743_n

10583808_796485597154081_7724492414270228157_n

井戸掘りの現状。

DSC_0334

井戸掘り、粛々と進めています。
ただ今3.2mです(画像の管が地中に全部埋まれば4.1mです)。私の調査が正しければ、水がにじみ出るまであと1.8mです☆

“5m地点から水が出始めるはずなので、井戸として必要な水の深さ2mを足して7m掘る”…という予想&計画で材料を揃えています!
“今月末の春休み一週間に集中的に掘って完成させる”というのも現実味を帯び始めてています(*・∀-)b

普通に穴掘り器で掘る→時折石拾い器で石を拾う→場合によっては先の細い穴掘り器のドリルに換えて先に細い穴だけ先に進める→落ち着いたらまた普通の穴掘り器で掘る…
の流れで落ち着いています。
近くの工事現場のおじさんにも“この辺は石が多くて井戸掘りは大変”と言われているので、そんな状況でも進んでいるというのはなかなか健闘していると思います(・∀・)

また別の作業員さん“ここに住んでらっしゃるんですか?”“はい、まぁ一応…”“ここ何かの研究所か実験場かと思ってました!”
コンテナ、ソーラーパネル、風力発電、しいたけ栽培(今後さらに作物の種類を増やす予定)、薪風呂、そして井戸…ある意味実験場ですww

DSC_033512799383_786658314803476_465563887228425413_n

井戸掘り、3m到達。

12742241_781464941989480_2167571320994183099_n
12745667_781464951989479_6999656758412451114_n
12733488_781464965322811_6353519188531969966_n
12742417_781464978656143_2351055570296598690_n
12741921_781464988656142_9008740304616334067_n

井戸掘り、先輩方のご来訪を前に3m到達しました!
2m到達が12月だったので、一時作業を休んでいたとは言え、この1mに2ヶ月かかったことになります(^o^;

井戸掘りのNPOの方々のやり方を参考に掘り方を変えて以来特に順調で、ここ最近は途方に暮れるということはまずなくなりました。
石のサイズもだいぶ小さくなってきているので、1日2時間10cmという目標も達成できることが多くなりました☆

3m台はどんな地層なのか…この辺でそろそろ石がなくなり砂ばかりの地層になって、さらに水がにじみ出るようになれば最高やなぁ…と勝手に地層に期待していますww
もし本当に地層が砂ばかりになれば場合によっては1日で現状の最終目標“地下水位5m・井戸穴7m”まで到達できるそうですが、NPOの方々の機械が3.5m手前でびくともしなくなった様子を思い出すと、しばらくはまだ同じ地層が続くのかなぁ…と思っています(-∀-)

ボス石、回収成功!

12745753_780022445467063_8010989387950750149_n

朝9時前から悪戦苦闘2時間半の末…
石、回収成功しました!

買ってきた石拾い器の材料をいきなり穴の底に落として拾い上げるのに手間がかかったり、買ってきた分を温存するためにとりあえず古い石拾い器を使っていたら穴の底で折れてしまったり、やっと石を挟めたものの石が穴より大きく引っかかってしまったり、穴を広げる作業をしていると落とした土で石を見失ったり…と、挙げればきりがない程手こずりました(^o^;
だいぶ上がったところで引っかかってしまった時に、助けを求めて近くの工事現場のお兄さんを呼んだら逆に石を落とされてしまった時には心が折れそうになりましたw

穴を広げつつ、持ち上げる向きを整えつつ脚立に上って石拾い器を紐で引き上げると、腕がひきつりそうな程の重量感と共に穴一杯埋め尽くすように石があがってきました。
写真だと小さそうに見えますが、私の手のひらと比べるとやはり大きく、よくぞこのサイズの石を取り出せたものだと自画自賛してましたww

今日は石を持ち上げ続けたことで手がつりそうな程疲れたので、明日からまた土の掘り出しを再開します☆
穴を広げたことで落とした土にふさがれた分少し浅くなってしまっているので、まずは今まで掘った穴の復旧からスタートです(-∀-)
12729050_780022518800389_4005116462872772114_n

井戸掘り≒石拾い。

12705547_779567575512550_3873334699899760407_n
今日も日課の井戸掘りに勤しんでいると、久々に大きな石があがってきました☆
火山岩はあまり出なくなって写真のような砂岩や泥岩ばかりになり、地層の変化を感じます。

また大きさも全体的に小さくなってきたので手回し穴掘り器も回しやすくなってきました(^o^)
今日だけで数十センチ進み“今日こそ3m到達かな…”なんて思っていたら…

“ゴロン”

急にドリルの深さが浅くなり、しかもドリルが空回りし出しました。
“まさか…”と思って見てみると、ここ最近穴の横に居座ってた大きな石が転がって穴を途中からふさいでました…

手書きの概略図のように、穴の深さは一気に2.5mくらいまで後退。
何としても石を拾い上げて撤去しなければいけないのですが、ここでいつもの石拾い器が力つきて折れてしまい今日の作業は終了となりました(^_^;

石拾い器の部品は出勤前に買ってきたので、明日はこの石を拾い上げるのに全力を尽くします。
悪戦苦闘が予想されますが、先進導坑はすこぶる順調に掘れたのでこの石の撤去が完了すればしばらくはまた順調に先へ進めそうです(*・∀-)b
12717859_779567635512544_1640295221973261043_n

12688308_779567785512529_131195390495450456_n

さらに道具を揃えて。

DSC_0352
手回し穴掘り器の細いドリルが届きました。
“大きな石があって進まないのなら、その石たちの隙間に小さな穴を開け、その穴を広げる過程で石を掘り出していく”という方法に切り替えることにしました(・∀・)

延長して5m近い長さになったドリル(6m弱まで用意しています)の刃を細いものに交換して、ぐりぐり掘り進んでいく(細いと結構下まで進みます)。土圧で抜けなくなったら何とか引き抜いて、同時にドリルを穴の中で上下に激しく動かし穴を広げつつ石を掘り起こす。そして掘り起こされた石を延長した石拾い器で地上に拾い上げていく…
今日は日没までの30分ほどしか出来なかったのですが、隠れて掘削の邪魔をしていた石が次々に穴の底に見え始めたのでこれはもしかしたら効果抜群…なのかもしれません(*・∀-)b

何とか春(3月末くらい)までに掘削したいので、明日から上記の方法で本格的に掘削します!
友人たちが次泊まりに来るまでに、細い穴だけでも10m到達させたいところです(-∀-)