家の真横に現れた・・・崖。

DSC_0958
ある日、昼寝してたらドアをノックする音。
“すみませーん、そこの工事の者なんですけど、ちょっとあの風車を…”

道路の拡幅工事に風力発電が邪魔になったようです…
風力発電ギリギリ敷地から出ないように置いてたんですが、敷地の境界線ギリギリではダメなようです(^o^;

“あっ、風車は引きずったら動きますよー!”と返事すると、工事の方々はびっくり。まさかの“移動式風力発電”です(^o^)
コンテナの裏まで一緒に運んでくれたのはいいですが、そこは家の陰なのでまず強風が吹くことはなく、工事終了まで風力発電が発電することはないかと思われますw

それ以来工事は平日昼間にガリガリと音をさせて進んでいます。
これらの音はコンテナによく響くので、朝9時半以降に寝ているのは至難の業ですw

そして今日“どれくらい進んだかなぁ…”とこっそり様子をうかがってみると…
“敷地内まで削られてコンテナが絶壁ギリギリに立ってる…”

境界線に目印がついてるのでおそらく工事が終われば敷地内の土は埋め戻されるんでしょうが…まさか自分の土地が勝手に削られてしかもコンテナが絶壁にきてるとは思いもしませんでした(゚ロ゚)
これ…ちょっと雨降った日に土の壁蹴ったらコンテナ倒れて来るんちゃうかwww

工事は9月30日までですが、よそはそのままなのに赤こんてなの前ばかり工事してるのでこの辺は早めに工事終わるのかなと思っています。
工事が早く終わるのはありがたいですが、この様子やと家の前がすぐ歩道に変わるので“コンテナ、敷地ギリギリに置きすぎたなぁ”とちょっと反省しています(^_^;
DSC_0966

目と鼻の先での工事。

DSC_0958
ソーラーパネルの増設が今度こそ完了し、発電能力は615Wになりました!
奮発してモニター付きの高効率チャージコントローラー(ソーラーパネルからバッテリーへの電気を管理)をつけたのですが、一日の発電量を見ているとだいたい“雨:40Ah・曇り:80Ah・晴れ160Ah”という感じでした。

冷蔵庫は多く見積もっても(カタログ値の2倍)24時間で40Ahほどの消費電流なので、新たに電化製品を入れない限りは冷蔵庫24時間稼働は問題なさそうです(*・∀-)b
夜中にのどが渇いたときに冷たい飲み物が飲める、仕事から帰ったら先日買ったビールが冷たい状態で飲める…というのは、こんなにも幸せなことなんだと、冷蔵庫のありがたみを感じています☆

そんなある日の朝鳴り響いた、小槌のようなもので何かを打つ音…
“ゴッ!ゴッ!ゴッ!ゴッ!”

コンテナ自体誰かに叩かれてるのかなと思うくらい音が近かったので、話し声や音が収まるまで部屋でじっとしてました。
音か収まって外に出ると…今までコンテナ前に延びていた工事の柵がなくなり、その代わりに等間隔に杭が打たれていました。

コンテナ前は拡張された道路が通ると聞いていたのですが、看板には“排水路を作る工事をしています”の一言が…
おそらく近くの道みたいに歩道部分の下に排水路をつけるのかなぁ…とは思ったのですが、それにしてもコンテナに近いw

今朝には赤い三角コーンまで置かれていよいよ本格工事が始まるようです。
トラロープや三角コーンが風力発電を心持ち避けているような気がしたのですがww歩道がここまで食い込んできたら赤こんてな目立ってしゃあないなぁと、工事の行く末がちょっと気になりました(^o^;

DSC_0947
DSC_0950