2018年の井戸、営業終了。

上の画像は現在、下の画像は順に今年の7月、4月の、近所にある農業用水用井戸の様子です。
深さはこの2018年で地下3~8mの間を上下したことになります。

そして井戸ですが、ご察しの通り、枯れてしまいました(T_T)
昨年より1ヶ月近く早いダウンです。。。

先日井戸の底に引っかかってた水中ポンプを撤去出来たので50cmほど取水口を深く(地下7.5m、ポンプから8m)したのですが、それだけではどうにもならない程地下水位が下がってました。
井戸をより深く掘っておけば…と思いつつ、これ以上深い井戸だと高価で到底買えない深井戸用ポンプが必要となっていたので“結局この深さはなるべくしてなったんだな”ということに最近気づきました(^o^;)

はじめはまさかこの時期に井戸が枯れるとは思っていなかったので、ポンプや設備の故障を疑って昨日までいろいろ手を加えていました。

・配管の交換により配管内が遮光され藻ができることがなくなった
・配管が補強された
・井戸の口をしっかりふさぎ、異物が入らないようにした
・メンテナンス(配管内の状態確認&注水)用の配管を追加
・たびたび水漏れしてたところの修理

結局これらの作業は井戸復活という意味では効果はありませんでしたが、次復活したときにはより安心して井戸を使う事が出来るようになるので気持ちとしては前向きな気持ちになれました(*・∀-)b